FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2010

10/13

Wed.

関西大学Aリーグ 近畿大学戦 

■関西大学Aリーグ 近畿大学戦 
■2010年10月10日(日)
■花園第2G
■晴れ時々曇
■風やや強(前半同志社が風上)
●観戦レポートについて
今後に向けて極力正確なレポートを目指しますが、
瞬時の出来事の記録ですので完璧とは参りません。
公式HPの「試合結果」や他のDSNメンバーの観戦記、映像から、
総合的に試合状況をご理解、ご想像ください。
ご意見、ご要望があればDSNサイトよりお願いいたします。
なお、メンバー表については、公式HPをご活用お願いいたします。


■試合経過前半(LO: ラインアウト/TO: ターンオーバー/P: ペナルティー)
12:00 キックオフ

0分

(近畿はキックで、まず敵陣までエリアを獲得する戦法)
(同志社は相手キックに対して、ラン、パス、展開、キックの選択肢多数の
 積極性が見られる)
(BK陣、特に11に積極性が見られることが嬉しい)
(近畿の連続攻撃を早い段階で止められない。接点で少しずつ差し込まれる感じあり)



10分   1.5往復(?)のキック合戦→BKがランで前へ
      →近畿陣25m付近左サイドラック→15ラックサイド独走T
      D7-0K

(近畿リスタートキック失敗→同志社センタースクラム→8→6敵裏縦抜け→ラック
 →近畿オーバーザトップP→同志社、近畿陣ゴール前LO失敗→近畿スクラム
 →近畿、エリア回復キック→11積極的ラン→つなぎ)
(近畿のキックを起点に同志社が積極的に攻撃するが、どこがで攻撃権を失って
 継続→トライにつながらない)



15分   (記録なし:おそらく近畿キックの切り返し)→10→13
       →6敵裏抜けラック→9→10→13→14T
       D14-0K

(近畿2度目のリスタート失敗→同志社センタースクラム→9ダイレクトタッチ)
(近畿LO失敗→9→10→13パスミス→ラック→近畿P→7クイックスタート
 →同志社ノットリリースP)
(近畿連続攻撃→同志社、危険タックルP→同志社ゴール前、近畿LO→近畿ラック
 →近畿ノッコン)
(近畿再連続攻撃→一瞬同志社のディフェンスラインがなくなった瞬間あり
 →同志社、ゴール前では止める)

(この10分間は近畿の時間帯だったと言えるかもしれない)



26分    近畿陣10m、同志社LO→9→10→12→8ラック→9
       →15→11(?)タッチライン外→近畿LO→近畿ノットストレート
       →同志社スクラム→9→10→12→大きく回り込んで15ライン参加
       →11ラック→9→10→12→13ラック→7→10→15縦抜けT
       D19-0K

(近畿リスタートキック→同志社自陣ラック→キック→近畿チャージ
 →デッドゴールライン外の幸運あり)
(1次ディフェンスは近畿に対して有効。攻撃時のつまらないPが複数回あり)



35分    同志社自陣P、近畿PG成功。      D19-3K

(相手タッチキックをクイックスローイン(複数回)するなど、積極的に攻撃するが、
 展開時のパスミスやFWが縦に抜けたあとのラックで、ボールコントロールが悪く
 相手側に転がったりなどで得点に至らず)
(そのまま、ハーフタイム)


●前半の印象
近畿大は敵陣まではキック多用するが、相手キックに対しては積極的にBKにFWを
混じえた展開を仕掛ける。
同志社は自陣22m以内でも相手に押し込まれない限り、
多用な攻撃でエリアの回復を図り、概ね成功。

細かく、大きく、ランやパスで展開を図る高速ラグビーは近畿大には通用するが、
完成度はまだまだ。
攻撃の次数が増えるとラインのパスミスやラックのノッコンで攻撃権を相手に渡す。

FWの接点はやや勝ち
FWのスクラムは互角
FWのLOは自ボール安心感、敵ボールは7の絡み、スチール有り。
BKの展開力、パススピード、ランスピード、テンポは悪くない。
特に11の積極性によって、ライン全体が生き生きした感じになっていた印象がある。

2トライを取ってから、相手にリズムを渡してしまった時間帯が10分程度続いた。
15分で2トライ取れる力関係の相手には、畳み掛けるイヤらしさ、
また絶対に相手にリズムを渡さず前半で勝負を決めてしまう!
チームとしての強い意志力が不可欠ではないか。



■試合経過後半
12:50 キックオフ


2分   同志社キックオフ→近畿ラック→近畿ダイレクトタッチ
     →近畿陣22m、同志社LO→9→10ラック→9速い球出し
     →良いスピードで走り込んだ1T
     D26-3K

(この10分間は、FWとBK一体となった高速ラグビーが垣間見られた。
 しかし、得点には至らず)
(また、相手攻撃をタックルで潰して、ラックオーバーでのTOも見られた)
(得点には至らなかったが、良いプレーが見られたので決して悪い時間帯
 ではなかったと思う)
(しかし、近畿からすれば、同志社のいい時間帯にも関わらず失点しなかったことの
 意味は大きく、 そのことが終盤の連続トライを生んだのではないか)



12分   同志社センターライン付近スクラム→9→10→12→15ラックP
      →近畿PG成功
      D26-6K
(1→17、2→16、9→20、6治療で16分に再参加)

(20の個人技に目を見張るものがあるが、チームとして継続活用できていない)
(前の10分間の良いテンポは消失)



21分   近畿陣22m、同志社LO→8→展開→10→4→展開→14ラック→20
      →13→15→11T
      D33-6K
(17治療→18、6→19) 

(近畿に良いタックルが出始める)



29分   同志社陣25m、同志社スクラム→8→展開→13ラック→20→10
      →11ロングパス→15T
      D38-6K
(15→22、数分後10→21)

(同志社展開→12→4ラック→10キック→近畿展開/良いオフロードなど
 →近畿ノッコン)
(同志社陣20m、同志社スクラム→8→20→11→ラック→展開→13で止)
(同志社陣20m、同志社スクラム→8→21素晴らしいオフロードパス
 →展開で近畿ゴール前ラックTOされる)



39分   近畿LOモールから展開→ラック連取→同志社のタックルが高くなる→近畿T
      D35-13K

(近畿の攻撃の時間帯が続く。近畿の球出しが楽にできている)
(同志社陣20m、同志社LO→展開からラック→近畿P→クイックスタート
 →14独走、近畿ゴール前→同志社ミスで近畿逆襲→同志社ゴール前)



40分   同志社陣20m、同志社スクラム→20(?)タッチを蹴らず(蹴れずか)で
      近畿TO→同志社連続P→同志社陣ゴール前、近畿LOモール→近畿FWがT
      D38-18K  

12:31 ノーサイド


●後半の印象
後半は前半よりもさらにグラウンドを端から端まで広く使って、
攻撃は何度も往復していたとうに思われる。
後半入った選手たちの能力は、スターターに比べて遜色ないのではないか。
ただ、摂南ジュニア戦同様、選手交替があるとどうしても一体感が失われる。

テンポが失われる理由が「メンバー交替のせい」にされるのは、
当該選手たちにとっては不本意に違いない。
実際のところは、スターター選手たちの疲労によるパフォーマンスの低下も
関係しているに違いない。その原因がなんであっても、
問題は入って来た選手の個人能力を、チームとして活かせないところにある。

交替選手を迎えてからのチームとしてのパフォーマンスを、
落とさないではなく、むしろ上げるためにはスターターと交替選手に何が必要か。
しっかり分析して、先の練習に落とし込んでいただきたい。
スポンサーサイト

Posted on 17:39 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://ahobon3.blog104.fc2.com/tb.php/5-2382cf99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。