FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

12/23

Fri.

同志社なら、止めれば何かを起こせるよん♪ 

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/


先日、ココ・シャネルのドキュメンタリーを興味深く見る機会があった。
柔軟で大胆、挑戦的な発想力と行動力、そして社会の潜在的要求を感じ取る感受性。
それらを武器に、服飾デザインを通して女性の在り方、意識まで変えてしまったこのしなやかな女性を本当に素敵に思った。女性、男性に関わらず、また個人、集団に関わらず、そして事の大小に関わらず、人が生み出すこの手の姿。それらに接するのは楽しくもあり、嬉しくもありですね。

1回戦の大東文化大戦。
チラ見させてもらうことは関西リーグでもありましたが、大学選手権に入ったこの試合、今季はじめて同志社がそのベールを脱いでくれました。久しぶりの花園第1グラウンドの芝。それを目一杯広く大きく使って展開されたラグビーは、柔軟な発想としなやかな若さに満ち溢れ、新鮮で、独創的で、十分に挑戦的なものでした。現代ラグビーが潜在的に要求しているもの、その一端が表現されているように感じられて本当に嬉しかったです。

2回戦の帝京大戦。
難しいことはもちろん承知の上のお願いですが、勝ってくださいね。
勝てば明治か筑波とやれるだろうし、さらに勝てば早稲田か慶應、再戦だけど天理ともやれるかも知れません。想像するとホント、ワクワクしますね。やっと翼を得て羽ばたき始めた同志社ラグビーが、強豪のラグビーに刺激されてさらに翼を大きく広げる。それで「おそらくこれが今季の到達点かな」と思えるところまで観ることができたら、こんな素敵なことはありません。

今回の大学選手権は「オイ、これって対抗戦の再現じゃねえの?」とついつい思っちゃいますね。
手馴れたチーム同士がやるべきことを粛々と実行して、粛々と順位が決まって行く。そんな成熟した、大人なイメージがなきにしもあらず。「お久しぶり!2回戦」の同志社には、そんな順位決定戦とは少し離れたところで、しっかり自分たちのラグビーを楽しく育ててほしいです。

関東2リーグ、関西1リーグ、九州1リーグの4リーグの中で、今は関東対抗戦が充実してそうなのは間違いないところですね。そして、その対抗戦を全勝で制した帝京はやはり強い。
選手権連覇の自信を漂わせるラグビーは円熟味と安定感が増し、まるで横綱相撲の白鵬を思わせるように、どのタイプの攻撃にも対応、制して勝ってしまう強さがあるようです。ただ、今年の帝京はもしかしたら、昨年の帝京とは強さの質が異なるかも知れません。もちろん選手権順位決定戦の一番手なのは疑いようもないですが、攻撃面に去年ほどの爆発力があるのかどうか、「微妙やな」と思わないでもありません。

対抗戦グループは帝京、早稲田、明治、筑波、慶應と、どこをとっても強いですね。
帝京は抜群のディフェンス力、対応力をベースに対抗戦を制覇しましが、果たして一発勝負の選手権をその安定感だけで勝ち切れるかどうか。あの早明戦でひと皮剥けたであろう早稲田、明治もしっかり帝京戦に照準を絞っているでしょうし、攻撃力のポテンシャルを考えると、帝京は既に出し切っている感じがしなくもありません。さてさて帝京は懐に、「さらに」の何かヤバイものを隠し持っているかな。
筑波、慶應はポテンシャルを出し切ってる感があるので、勝ち残りとなると厳しいかも知れませんね。ただどちらもガメツク試合に臨んでくるチームなので、どことやっても接戦に持ち込む力を備えているはずかな。対抗戦5校はどこも「選手権は対抗戦のやり直し」くらいに思ってるんやろな。

生き馬の目を抜く大都会で鍛えられたような連中と戦って、少しのんびりの田舎から出てきたような関東学院、天理、同志社が生き残れるのかどうか。今回の大学選手権からはそんなイメージが湧いちゃいますが、頑張って欲しいですね。

天理は慶応を、同志社は帝京を食えるかどうか。
ここへ来て、天理は安定感を欠き始めたのが心配ですね。本当なら1回戦は圧勝するか、気合いを入れてもらう形の接戦をしたかったところでしょうが、当たった相手が奇妙なチームでいかにも悪かった。トライがあまりに簡単に取れてしまったのがイヤな感じだし、ディフェンスを、というよりメンタル面を試合中に修正しきれなかったのもイヤな感じだったでしょうね。この1週間で原点に戻って、挑戦者の意識を再び持てたろうか。きっと、大丈夫ですよね。
修羅場経験を積んだ対抗戦チームには、たとえ5位の慶応でも横綱相撲なんて通用しない。
2回戦の天理は、慶應に気合いを入れてもらった上で完勝するのがハッピー。そうすれば、おそらく次上がってくる早稲田に対しても、本来の天理ラグビーで渡り合えるに違いないでしょうから。
頑張れ、天理。持ってるスケールは天理の方が大きいぞ。

同志社。
帝京、こわいな~。帝京に対しては、まず試合を造れるかどうか。
帝京はまず間違いなく、試合開始から接点で思い切りプレッシャーを掛けてくるでしょうね。対抗戦で磨かれた接点の鋭さと厳しさは、他リーグがまだ追い付いてない特有の文化になってます。そこを制して同志社FWがボールをBKに供給できれば良いんだけど。
前半10分、次は前半20分、そして前半25分。帝京FWの圧力をこの辺りまで何とか凌いでくれたらな。そしたら、勝機が目を覚ましてくれるかも。いかに帝京といえども、40分間ぶっ通しで、マックスのパフォーマンスを出し続けることはできない。凌いでる間にむしろ同志社のポテンシャルが引き出され、帝京パフォーマンスが僅かでも落ちた時点で、同志社の攻撃力が相対的に上がる。

前半、帝京FWは同志社FWの消耗を狙って、全開で圧力を掛けてくるやろな。そこを強いタックルで、反則せずにどれだけ早めに寸断できるか。たとえ連続攻撃に曝されても、いかにトライさせずにゴールラインを守れるか。そして、同志社FWがいかに消耗に耐えて、後半も機能できるか。
帝京FWは両外国人が下働きに徹して、他の日本人学生が前へ出る鋭さと強さに優れていますね。おそらくその圧力は、関西リーグでは未知の圧力かも知れません。そこを止められなければ、これはもう仕方なし。先制攻撃に気を呑まれて、精神的に支配されることだけは避けてくださいね。敵は喧嘩の仕方を熟知している連中です。騙されないでくださいね。止め続ければ、かならず同志社ラグビーの強みを出せるはずです。

帝京はFWからボールが離れると結構ミスが見受けられますね。
帝京FWに前に出られて帝京BKが余裕で展開するパターンは論外ですが、並大抵のことではありませんが、FWを止めて、次善のBK展開や9番のパントに追い込む状況をいかに生み出せるか。後半、攻撃合戦の展開に持ち込めれば、同志社のポテンシャルがものを言い始めるはず。帝京15人の頭を疲れさせる展開に持ち込めれば最高ですね。

大東戦でもまだまだ低いと思われた攻撃の精度。しかし帝京戦前半、同志社が帝京の圧力に食らいつくことができたなら、そのディフェンスで研ぎ澄まされる集中力によって、知らず知らずのうちに攻撃力の精度をも磨かれていることでしょう。その精度で持って、何としてもスコアをもぎ取ってくださいね。

近来の日本ラグビーの常識を究めて来た感のある帝京ラグビーです。学生レベルでは、隙を見つけるのが難しいチームなのは間違いありません。このチームを倒すのは、同じ常識を持ったさらに高い身体能力のチームか、彼らの常識の枠外にあるチームなんでしょう。前者が勝っても、あまりワクワク感はありませんね。後者が勝ってこそ、「やって楽しい、観て楽しい」のはず。

明日の同志社が後者に当て嵌まるかどうか。
それは前半から踏ん張って、試合を造れるかどうかにかかっていますね。
何とか耐えて、今季の同志社ラグビーを展開できますように。


おめでとう。
秩父宮のグラウンドに立つ22人が発表されましたね。
今考えられる最高の相手と勝負できる、同志社で最高のメンバーです。
どうぞ、ご自分を誇りに思ってください。

ここまでくれば、負傷を抱えたメンバーが多くおられることでしょう。
レフェリーが回す80分、4800秒、
その一刻一刻を少しでも多く楽しめるよう心から祈ってます。

明日はテレビの前ですが、
あなたたちを誇りに感じながら、
全身の敬意で送り出し、
全霊の敬意で迎えるつもりです。

国立でお会いしましょう。

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/
スポンサーサイト

Posted on 22:40 [edit]

category: 同志社ラグビー

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://ahobon3.blog104.fc2.com/tb.php/38-24718fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。