FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

05/31

Tue.

招待試合明治大戦(5.29) 

■招待試合
■5月29日、14:00
■西京極球技場
■天候 雨
■結果 D7-28M

Dサポートネットワークにいらっしゃい
http://d-support-network.net/

仕事がズレこんで、少し遅刻して西京極に到着。
到着したときには、既に先制トライを取られていた。

前半11分、自陣から抜け出すことが出来ずピックアップの反則。
で、明治お得意のラインアウト・モールを押し込まれ、
早くも2本目のトライを献上して、D0-14M。

ここ数年、関東強豪との対戦では、
大差負けのイメージが脳裏に刷り込まれている。
試合開始から5分毎にやられて少し膠着、
しかし前半の後半再びやられ始めて、後半はなす術なしのデジャブ。
だから、この段階では「どうなることやら」と大敗も想定内に入った。

ことろがだ。
この日の同志社は違った。
前半15分過ぎ。
同志社の良いタッチキックで敵陣深めの明治ボール、ラインアウト。
それをターンオーバーすると、10番森脇悠輔君が右ラインへキックパス、
私は「面白いアイディア」と思ったが、紙一重の余裕が足りずノッコンとなる。
さあ、その乗っ婚を受けて明治ゴール前、明治ボールスクラムだが、
ここで同志社FWがスクラムでファインプレーを見せた。
集中力あるプッシュで明治スクラムのバランスを崩しターンオーバー、
すかさず、そして躊躇なく、8番西林宏祐君が右を襲い右隅にトライした。
さらに、その後の難しいコンバージョンキックを、
10番森脇君が決めるファインプレーを見せて2点をもぎ取った。

前半20分でD7-14M。
この辺りからだ。
同志社の選手全体、ライン全体が目に見えて、落ち着きを見せ始めた。
また、イーブンボールへの働きかけ、集中力は同志社が断然良い。

この後、明治ボールラインアウトから生まれたラックをオーバー、
ターンオーバーしたボールを10番森脇君が明治の裏へキック、
その瞬間、明治のレイトタックルの反則が成立してペナルティー、
明治陣深く攻め入ったものの、得点には至らなかった。

ラグビーは「まず敵陣でプレー」の陣取りも大きな要素だ。
雨の中の悪コンディション下では、特にこの要素は重みを増す。
敵陣に攻め入るチャンスを得点して帰れるかどうか。
前半20分までは、明治が2回のチャンスを2回ともモノにし、
同志社は1回のチャンスを、潰しかけたものの粘ってモノにしたと言える。

先にチャンスを得た同志社がモノに出来なかったとなると、
流れとしては次、明治のチャンスが来る番だろう。
前半20分過ぎ。
同志社ゴール前、明治ボールラインアウト。
「ここでやられると『やっぱり同志社』に戻る。何とか耐えて」
とオッサンが念仏を唱える。
1回目のチャンス、当然のように明治はモール攻撃を仕掛けてくる。
同志社は耐えるものの、明治のモールは芯まで崩せない。
ゴール前まで押され「ウワ~」と思ったが、
明治がインゴールノッコン(おそらく)してくれた。
雨で手が滑った?いや、同志社の誰かが手を入れたと思っておく。
2回目のチャンスは、それを受けての同志社ボールスクラム。
ここでも同志社FWはスクラムを耐えるファインプレーを見せ、
その後の(焦った)明治SHのオフサイドを誘い、危機を脱した。

前半25分。
同志社の攻撃が明治の連続ペナルティーを誘い、
明治ゴール前、同志社ボールラインアウトまで攻め込む。
連続攻撃が「連続球出し」という点で十分に通用するも、
明治のディフェンスも粘り強く、
最後はノットリリース・ザ・ボールの反則で攻撃権を失って得点に至らない。

この辺りからの15分間、
得点には至らないものの、同志社が連続攻撃できる時間帯だった。
ほんの少しの、本当に微妙な感覚に過ぎないが、
明治のパフォーマンスが落ちたのでは?と思わせる瞬間があったように思う。
だからハーフタイム中、私は仲間に「勝てるかも」と言ったのだ。
「(一足飛びに)そうなりますか」と突っ込まれましたがね。
やっぱ、久しぶりに関東強豪相手の好い試合を見て、舞い上がったかな。

後半5分。
20分くらいまでの明治は元気だぞ。
同志社ゴール前。
明治は例によってFW攻撃で同志社の消耗狙いだ。
しかし、この明治シリーズ、同志社はゴールを守り続け、
最後はゴール前スクラムのピンチ。
ここでも同志社FWはスクラムでファインプレーを見せた。
明治のポップアップかな、じゃなくて真っ直ぐ押さなかったかな。
明治スクラムの反則を勝ち取って危機を脱出した。

10分過ぎ。
8番西林君がたぶん頭を打ちながらも復活した。
7番金本航君が右腕を痛めながらもプレーを続けた。
結局この2人は公式HPを見ると、最後まで交替しなかったようだ。
2人のファイトを称えよう。

この辺りから20分辺りまでは、逆に同志社の時間帯。
前半最後同様、明治のパフォーマンスが心なしか落ちたように思う。
同志社のTRUSTラインが完全に機能し、
下(グラウンド)のボールへの集中力・人数は同志社が上回り、
同志社はディフェンスで攻撃権を取り返す姿を数多く見せた。

「ア~!そこはボールを拾わず、もう1回キックかも」とか、
「ア~!そこはキックパスじゃなくて、展開パスかも」とか思うような、
敵陣入ったところで大きなチャンスがあったが、得点には至らなかった。

この「タラレバ」。
プレーの選択のタラレバ、これこそがラグビーファンの楽しみだ。
そして、プレーの選択の自由を標榜し、
他の選手とのラグビー馬鹿的コミュニケーションを通して、
選択するプレーのバリュエーションと精度を高める、
本来の同志社ラグビーを愛する同志社ラグビーファンの楽しみである。

後半20分辺り。
カメラを持っていればなあ。
非常に興味深いシーンが出現した。
防御側の同志社が広いラインを引き、
攻撃側の明治はFW近場攻撃に限定した狭いライン(?)で攻撃するシーン。
もし、明治のノッコンなどでターンオーバーできれば、
すぐ遠く展開して同志社の大チャンス、
うまくすれば切り返しのトライまで持って行ける可能性の創出。

ここ数年、関東強豪相手では立場が逆のシーンしか覚えがない。
球出しに人数がかかり、近場の攻撃に集中せざるを得ず、
最後はターンオーバーされて「心が折れそうな」トライを取られる。
そんな、ディフェンスラインのTRUSTだけに勝ち取ることができるトライ。

前半20分から後半20分まではD7-14Mのまま。
明治の選手の想定に「負け」は無かったろうが、
明治の監督はじめ関係者の想定には「負け」も顔を覗かせに違いない。

だが、この勝負どころで、明治と同志社に総合力の差の現実が出た。
明治のパフォーマンスが落ちたように思ったが、
同志社もやはりパフォーマンスは落ちた。
この辺りから両チーム、リザーブが投入し始めたが、
明治はパフォーマンスを元に戻し、
一方の同志社はおそらく、
明治と相対して、落ちたままだったと言うべきだ。

結局25分からは、
明治の「まず敵陣」が2度成功して、明治が確実にチャンスをモノにし、
同志社には「まず敵陣」を成功させる力が残っていなかった。


この試合、雨が両チームの戦力から多くを削いだ。
さて、どちらにとって雨は有利になったか。
もちろんこれは私の感覚でしかないが、
今の段階では明治の選手の方がより多くのものを持ち、
雨によって削がれたものは同志社よりも多かったかも知れない。
また、ホームとアウェイのモチベーションも、
雨によって削がれるのはアウェイチームの方が多く、
その辺りはグラウンドのイーブンボールへの集中力の差、
それが同志社優位となって表れたかも知れないと思っている。

もしも、たとえそれが当たっているにせよ、
この日の同志社は明治に対して真っ向勝負を挑み、
前半10分で2トライ取られながらも精神的に崩れず、
TRUSTラインを心の拠り所に、
そして、水浸しの地を這う集中力を拠り所に、
持てるものをすべて出し切って闘った。

ラグビーの神様からの今回のご褒美は何か。
それは、ラグビーを楽しむための努力をさらに重ねれば、
明治レベルとも堂々と渡り合える可能性があることを肌で知ったこと、
また何よりも、
「自分たちがそういう人間集団である」ことに気づいたことだ。

次週の慶応戦。
TRUSTディフェンスを拠り所に、
前半開始から全員集中力全開のゲームを完遂し、
この試合でもラグビーの神様から、次のご褒美をいただいてください。
チームとしても、個人としても。

明治戦。
好いゲームを有難うございました。
見て楽しかったです。

Dサポートネットワークはこっち、こっち
http://d-support-network.net/
































スポンサーサイト

Posted on 21:30 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://ahobon3.blog104.fc2.com/tb.php/24-6a05ad97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。