FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

05/23

Mon.

練習試合大阪ガス戦(5.21) 

■練習試合
■5月21日、12:15
■田辺グラウンド
■天候 晴れ
■風 微風、顕著な影響なし
■結果 D47-39O.G

Dサポートネットワークにいらっしゃい
http://d-support-network.net/

同志社は1回生中心のチーム。
前半25分ころまでは社会人のパワーに押されて、
ラックでターンオーバーされたり、
ノットリリースの反則でターンオーバーされたりで、
トライ数はD0本-4本O.G。

この辺りだったかな。
「大阪ガスと日本新薬じゃ去年の成績、大阪ガスの方が上。
てことは、今日の試合、第1試合と第2試合、
同志社側のメンバー、逆でねえのけ」
てな言葉が観客席のどこかから湧いて来て、
「(もしそれがホントなら)んだべ」とオイラも同調してた。

ところがだ。
前半25分。
確か、大ガスのパスミスを同志社がゲット、んで尾崎君がキックした。
相手ゴール前に転がるボール。
当然、大ガスのディフェンダー、同志社のバックスが追ったわけだが、
このときの光景は、その後のゲームの流れを予感させるものだった。
だってね。
大ガスで追うのはBK1人、同志社で追うのはBK4人。
で、アッという間に同志社BK4人が抜き去って初トライしたんだもの。
(公式記録は、公式HPでどうぞ)

DSNで自称記者をやり始めてから、ノートを付けている。
そんときのオイラのメモがこれ。
「BKの走力は上、球さえ供給できれば得点力はある」

この辺りから30分過ぎまで、同志社のライン攻撃が有効になり始めた。
また、大ガスの攻撃を走力で寸断し始めた。

ラグビーの大きな2つの要素。
ボールゲームの重要な要素である走力・スピード、
そして格闘技的要素である接点のパワー・スピード。

この試合においては、
当初大ガスの接点パワー・スピードがゲームを試合し、
前半30分辺りからは同志社の走力・スピードが徐々にゲームを支配し始めた。
同志社の方は、おそらく最初から最後までパフォーマンスが変わっていない。
一方、大ガスの方は前半30分過ぎ辺りからの時間帯を分水嶺として、
パフォーマンスが落ちたように感じられる。
要するにお互いの接近した総合力関係の中で、
最初通用しなかった同志社の攻撃力・守備力が、
大ガスのパフォーマンスが落ちることによって通用し始めたということだ。

だから、敢えて勝因を挙げるなら、
前半30分で「社会人には通用しないかも」と思わされる状況下でも、
自分たちのやるべき事、拠り所を見失わず、
分水嶺に気づき、勝機を感じ取り、しかもそれをモノにした、
1回生を中心とするメンバーの精神力と観察力にある。
ただし、観察力についてはコーチ陣のファインプレーもあるのかな。


後半は、同志社が走力で優るトライで先行し、
トライ後の大ガスのリスタートキックを同志社が自陣から展開する、
そんなパターンの繰り返しで時間が過ぎて行った。
この「同志社トライ→大ガスリスタート」の1セットにおいては、
大ガスが同志社の展開を同志社陣で止めればトライの応酬、
同志社が自陣抜け出しに成功した場合は連続トライとなった。
で、結果は後半トライ数、D5本-2本O.G。
最終的には試合を通して、D7本-7本O.G。
決まったゴールの差が得点差となり、勝敗を決定した。

なお、この練習試合は、
「スクラムをノーコンテスト」の取り決めで大阪ガスにお付き合いいただいた。
もし通常ルールであれば、同志社に勝機があったかどうか。
おそらく間違いなく、それは無かったのではないか。
そういう意味では練習試合の意義という面で、
大阪ガスのメリットは薄かったかも知れず、
お付き合いいただいたことに感謝しなければならない。
有難うございました。


野口雄大君。
私ごとで何ですが、
奥様のいとこがあなたの出身校の院長さんをされちょりまして、
オイラ、スタッフ含めて部員全員応援してますけど、
あなたにはちょっち、赤色付けて陰ながら応援してま~す♪
大阪ガス戦。
最後まで愚直に真面目に走ってましたね。
メッチャ、嬉しかったよ~ん。

Dサポートネットワークはこっち、こっち
http://d-support-network.net/










スポンサーサイト

Posted on 13:22 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://ahobon3.blog104.fc2.com/tb.php/20-d58318c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。