FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2010

12/12

Sun.

今季最終戦 

■関西大学リーグ(入替戦)関西大学
今季最終戦でもあるけど、
同志社最初の100年の、その最後の試合でもありましたね。
試合内容の評価なんて、どうでもいいでしょう。

入替戦というのは、精神的に苦しく辛いシーズンを
さらにもうひと絞りして課せられるような試合ですね。
4回生は、前戦で気持ちが一旦切れたように想像しますが、
どうにかこうにか首の皮を残して、同志社を守ってくれました。

卒業される諸君。
本当に有難うございました。
新しいステージでは同志社でのご経験を活かして、
それぞれの人生を楽しんでください。
苦しんだ人間にしか解けない方程式の解というのが、
人生そこら中に転がっているもんです。
くれぐれも「同志社なんてコリゴリ」なんて思ずに、
後輩の復活のために、お力をお願いします。

試合後のサバサバした表情がすごく良かったな。
それまで救われないような気分だったのが、
お陰でパッと晴れて、救われたような気分になれました。
若者が精神的に追い詰められる姿って、見たくないもんな。
オイラは去年の村上主将でマジで「二度とごめん」と思ってたのに、
今年も見ちまったい。
そんな自分がつくづく情けなく、腹立たしい。



さあ、来季は次の100年のスタートですね。
同志社ラグビーは、取り巻く人々に喰い尽くされて、
たぶんもう瀕死なんだと思う。
「もう食うとこねえから、止めてくれよ」
そう喋れたら良いんだけど、
同志社ラグビーは、ただ涙を流してるだけなんだな。
そして、その涙はきっと毎年の4回生なんだ。

オイラを含めておとなたちは鈍感だからね。
もう食えるところが無くなってるのにも気付かず、
同志社ラグビーを喰うことを止めないんだ。
まるで餓鬼のようにね。


ただ喰うのを止めて、同志社を育てよう。
PCの前に噛り付くのはモチいいが、それだけじゃなく、
競技場に評価しに行くのもモチいいが、それだけじゃなく、
少しでも早く同志社が回復するように、
考えよう、行動しよう、運動しよう。

他とは違うぞ。
「さすが同志社」の矜持を見せようじゃないか。


しつこいようですが、
同志社ラグビーには食えるところが残ってませんぜ。
理論、指導力、政治的突破力、独創性、積極性、行動力、人材収集力、
情報収集力、交渉力、カネ、練習用精神力、精神文化、自立力、etc.
おそらくどれもこれもがスカスカだ。
だから、「あいつが悪い、こいつが悪い」を延々と続けられ、
裏返しで「言い訳」をいくつでも列挙できるんだね。


こんなのはパーツを変えて安心、知らんぷりじゃ駄目だ。
全体を意識しながら、環境内の人間が一体で機能しないとね。
先輩-後輩関係にがんじがらめのDRCに、
失礼ながら劇的な改革が可能なんだろうか。
たとえ可能でも、スピード感は限りなく遅くて、
昨日の応援旗が林立する関大に逆転される日に
間に合わないんじゃないだろうか。
大学、学内組織、DRC。
今、同志社ラグビーを救えるポジションに一番近いのは、
意外に同志社ファンなんじゃないのかな。

DRCと同志社ファンが協力する。
そして一致団結して、熱く同志社ラグビーを再プロデュースする。
それが一番の早道でねえでゲスか。




見て、見て。
かつて30年前に大活躍した横断幕だよ。
DSN Photographerさいたま69さんに、
グラウンドから撮影していただきました。
グラウンド撮影はもちろんDSNが、
関西協会のご理解、ご協力をいただいてます。
20101211_131.jpg























スポンサーサイト

Posted on 19:36 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

2010

12/13

Mon.

12:27

こしゅまりん #- | URL | edit

一喜一憂

すごく、気持ちの入ったよいコメントでした。じーんと来ました。
私もご多分に漏れず、身勝手な一ファンですが、これからも応援したい。
これからも、プログ拝見します。@86年度生

 

2010

12/13

Mon.

14:26

大阪弁野郎 #xZaeTiAE | URL | edit

こしゅまりん@86年度生さん

私もあなたの真摯なお話に、
よく耳を傾けさせていただいております。
有難うございます。

 

2010

12/13

Mon.

21:17

優勝祈願 #HxWdEQTk | URL | edit

私には表現できない

>同志社ラグビーは、取り巻く人々に喰い尽くされて、たぶんもう瀕死なんだと思う。
私が感じていること、言いたいこと、そんな諸々の気持ちが的確に代弁されたような言葉です。そんな言葉をいつも惜しげもなく使って表現できる引き出しを持った大阪弁野郎さんはすばらしい。私には残念ながら、そんな表現力がありません。

>DRCと同志社ファンが協力する
もちろんです。
大学にも沖田部長という頼もしい味方がいますね。この沖田部長が学内で肩身の狭い思いをするようなことがないよう、意見を言い易いような環境を作らないといけないと思います。誰がなにをすればそんな環境が形成されていくのか、そんなアドバイスがラグビー部に対しても必要な気がします。

 

2010

12/13

Mon.

21:37

大阪弁野郎 #xZaeTiAE | URL | edit

優勝祈願さん

有難うございます。
DRFCの中でも行動派の優勝祈願さん。
一緒に行動する仕組みを作り上げたいですね。
宜しくお願い申し上げます。

 

2010

12/21

Tue.

01:02

佐渡66 #- | URL | edit

やはり大阪弁野郎さんはすごいや!

昔と全く変わっておられない。
やけに熱くてとっても真摯で。
人を引き付ける何んとも言えない魅力をお持ちの方だ。
私らみたいな人が引きつけを起こすなんてのとは大違いだね。

blogもお洒落で楽しいねえ。

 

2010

12/24

Fri.

10:26

大阪弁野郎 #xZaeTiAE | URL | edit

佐渡66さん
過分なお言葉をいただきながら、
返事が遅くなって申し訳ございません。
思えば無謀な企画の皆様がDRFCを発足された、
あのころ以上の「同志社の聞き」かも知れませんね。
再び、無謀な企画の野郎どもが必要な気がいたします。

本当に有難うございます。
これからも宜しくお導きください。

 

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://ahobon3.blog104.fc2.com/tb.php/13-82bcaa1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。