FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

12/24

Thu.

大東文化戦を頑張ってください 


Dサポートネットワークにいらっしゃいませ。輪島ブログ、最高!
http://d-support-network.net/

同志社ラグビーファンページにもいらっしゃいまほ

慶応戦の快勝をお伝えしたくて前週はレポートに挑戦したのですが、あれこれ詰め込みすぎて収拾が付かなくなり時間切れで断念しました。クダラナイ妄言の文章まみれになって、嫌悪感だけが残ってしまいました。「出し切る」のも大切ですが、何でもかんでも出せば良いというものではありませんね。


筑波戦は仲間が多く集まっての観戦でした。その中に輪島さんもおられ、折々に洩らされるご感想が観戦の好い道しるべになりました。彼も仰っていましたが、確かに同志社は硬かったですね。爾後のテレビ録画では前半のディフェンスが完璧見えます。でも、競技場ではディフェンスラインの外側、テレビには映らないところで薄くなるシーンが結構ありました。

ディフェンスの前の出方、一発目のディフェンスの鋭さ、プレッシャーのかけ方がややソフトで、そこで踏んだわずかな後手が次のポイントでの後手を生んで、ディフェンスラインの厚みに悪影響を与えたのだと思います。でも、後手を踏みながらも同志社は「ここぞ」の判断とタックルが素晴らしく、筑波の形ができる手前で阻止していました。今年のチームの進境著しい部分ですね。

後半は筑波がオフェンスを調整し、同志社のディフェンスに対応してきました。事実、筑波の古川監督が前半終了時のインタビューでそうのように語っておられます。さすがに4年連続ベスト4、うち2回準優勝のチームですね。その分析力、対応力にチームが備える奥深さ、厚みのようなものを感じます。筑波は今季、以前よりもフィジカルに強さを欠いてはいますが、大きく遅れていたチーム造りは帝京戦以降ここに来て、ずいぶんラグビーの目鼻立ちが整ってきました。


やはり前半終了時、山神監督が「接点で競り負けている」というコメントを出されました。フィジカルとスピード、フィットネスに明確な差がない中、その競り負けを招いたものは何だったのでしょう。また、得点の競り負けを招いた原因は何だったのでしょう。筑波は簡単には勝てる相手でないのは確かです。でも、勝てる相手ですし、事実勝てるゲームでした。

敗戦後、バックスタンドに整列した選手たちの表情が硬いのは当然として、妄想的ではありますがどこか不完全燃焼を思わせ、「負ける相手じゃなかったのに・・・」とでも言いたげに感じました。同志社は「出し切る」ことをひとつのテーマに、この選手権には臨んでおられるように思います。でも、選手たちの表情に「出し切った」感はどこにもありませんでした。


確か後半10分に筑波が2本目のトライを上げ、そのゴールキックを待っている時のことです。筑波のひとりの選手が周囲に対し、「俺達があいつらに負けるわけないんだから」と声をかけたそうです。私は聞き逃したのですが、観客席に失笑が洩れたことから仲間に尋ねると、その内容を教えてくれました。

一聴すると優勢な側の傲慢に聞こえる言葉ですね。でも、誤解があってはいけません。おそらく、これは筑波のメンタル・トレーニングの言葉であって、同志社戦に向けて確かにそう言い切れる準備を積み上げ、そのメンタル通りにゲームを進め、最後は勝ち切るための合言葉ではないかと思っています。

「私たちがあなたたちに負けるわけがない」
好いですね。大学選手権の対戦相手に備えてチームがどんな準備をしたか。その練習風景がこの言葉からは想像されそうで、筑波大学ラグビー部の匂いのひとつも匂ってきそうです。

筑波は大東文化に敗れたものの、ラグビーの型を完成させる姿勢はゲームを通して貫徹していました。「俺たちがあいつらに負けるわけがない」のメンタルは大東文化を相手にしても同じだったはずで、このメンタルがその姿勢を生み、その姿勢が型の精度を上げ、一週間後の同志社戦勝利の伏線になったのだと思います。筑波は帝京戦以降ここに来て、ずいぶんラグビーの目鼻立ちが整ってきたと申しましたが、敗れた試合でもチーム造りはきちんと進んでいたわけです。余計な話で恐縮ですが、今季の慶応はそこがずいぶん脆弱でした。


少し言葉遊びになりますがお許しください。

この選手権での同志社のメンタル・トレーニングの言葉は「出し切る」です。大相撲に嘉風という力士がおられまして、この方は「一番、一番を出し切る」という境地を得てから大活躍するようになりました。逆に言うと、あれこれ考えていた時代は才能を開かせることができなかったです。考えても答えが出ないことであっても人間は先を想像してしまい、この方が仰るには「あれこれ考えると身体が動かなくなりますので・・・」となるそうです。そういう意味でこの「出し切る」ですが、全国レベルで挑戦者の立場にある今の同志社には効果的な言葉だと思います。

ただ、「自分たちが自分の力を出し切る」ということですから、これは自分たちだけで完結する一人称の言葉でもありますね。一方で、ラグビーはグラウンドで行われる二人称の戦いです。そして、筑波の選手から聞こえた「俺たちがあいつらに負けるわけがない」は二人称の言葉でした。

次の大東文化戦は一人称的に覚悟を持って自分を出し切り、二人称的にやつらのラグビーをツブしませんか。ラグビーのグラウンドはキックオフと同時に、戦いをルールに則ってレフェリーだけが裁く、この世の異空間となります。こちらがツブさなければ、相手がツブしてくださる極めて二人称の異常世界です。


鋭く前に出て、規律正しく後ろに下がって、再び鋭く前に出る。低く、鋭く、強く当たり、しつこく相手を押し込み、素早く立って再び低く、鋭く、強く当たる。輪島さんが仰るように、大東文化のスクラムは決して強くありません。また、展開重視のチームらしく、モールの攻撃をあまり見ないので、筑波戦での失点はなさそうです。

大東文化のラグビーは両翼を大きく広げて羽ばたく鳥のようなもので、筑波戦、慶応戦と華麗に大きく羽ばたいて見せました。でも、ライン・ディフェンスでプレッシャーをかけられ、スクラムでプレッシャーをかけられれば、羽ばたくスペースを奪われて窮屈に飛べなくなるでしょう。自分一人でもスペースを作れる⑧アマト君を封じれば、翼をもぐことさえできます。

今の同志社は常にディフェンスが勝敗の分水嶺です。ディフェンスは殺意を持って、でも、オフェンスは今できることを存分に楽しんでください。勝利はその後ろから勝手についてきます。

頑張ってくださいね。


Dサポートネットワークにいらっしゃいませ。輪島ブログ、最高!
http://d-support-network.net/

同志社ラグビーファンページにもいらっしゃいまほ
スポンサーサイト

Posted on 20:01 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

2015

12/10

Thu.

慶応戦を頑張ってください 


Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/

同志社ラグビーファンページにもいらっしゃいまほ



8年ぶりの関西制覇、おめでとうございます。選手・スタッフの学生はじめ指導陣の皆様、関係者の皆様にお慶び申し上げます。

天理戦は健やかさを覚える晴天の下、心配した強風の影響は多少受ける程度で、久しぶりに盛況な観客に見守られてのゲームになりました。ゲームの流れは前半の同志社、後半の天理にはっきりと分かれ、内容的にはディフェンスの同志社、オフェンス(アタック)の天理と、こちらもはっきり色分けされたように思います。

前半開始早々こそディフェンスラインに数的不利が見えたものの、同志社はすぐに修正して、その後は天理のアタックにゲインを切らせない完璧なディフェンスを見せました。このディフェンスで同志社は精神的勢いを得、逆に天理は精神的プレッシャーを受けたように思います。

前半の13点差はその微妙なメンタルの差が形になったものです。前半の後半になると徐々に同志社の攻撃機会が増え始め、天理が心持ち受けたことで同志社にテンポとスペースが生まれ、⑫永富君のトライと天理の自陣でのペナルティーにつながりました。フィジカル、スピード、粘り、どの物理的要素もほぼ互角です。そうなると、チームの勢いの明暗を決めるのは物理的要素ではなく、メンタルになりますね。同志社がディフェンスからメンタルのアドバンテージを得た一方で、天理は後手に回ったメンタルが規律に僅かな揺らぎを与えました。



前半を終わって同志社は天理の攻撃を完全に抑え込んでおり、しかも後半は風上のように見えたことから、「ディフェンスの規律をそのまま継続し、エリアマネージメントをミスなくやれば徐々に点差を引き離せる」と思いました。ところが、やはり天理は素晴らしいチームです。後半早々から、そんな空論を嘲笑う攻撃力を見せてくれました。

天理の攻撃は結局、後半ほぼすべての時間帯に及びました。天理の攻撃には見事な規律があり、何度も長い継続攻撃を生みました。天理の最初のトライは後半17分です。同志社も17分間の長きにわたって前半同様のディフェンスを見せましたが、対する天理は前半と異なり心の揺れをまったく見せず、信じるアタックを愚直に、しかも全力で出し続け、ついに⑬ジョシュア(ケレビ)君が同志社のディフェンスを破りました。

天理はその後も攻撃を緩めることなく、徐々に同志社のタックルに高さとバインドの弱さが微妙に見られ始め、24分には⑧ファウルア(マキシ)君からのオプションで⑭久保君が抜け出し、D13-10Tとなりました。同志社はここまで時折り攻撃権を取り戻すものの、すぐに手放すことの繰り返しで、延々と続けているディフェンスも少しずつゲインを切られ始めていました。


関西リーグで久しぶりに、残り20分の「本当の勝負」を見せてもらったように思っています。天理も時間を追うごとに足をつる選手が目立ち始め、連続攻撃が笛で切れるたびに選手がグラウンドに転がります。ところが、彼らは素晴らしいですね。起き上がって戦列に復帰するのですが、復帰したからにはベストのパフォーマンスを見せ、チームの規律を乱すことがまったくありませんでした。これは実に賞賛に値することで、彼らの姿に天理というチームが持つ思想、文化が透けて見えました。


規律という意味では同志社はディフェンスの規律を守り抜きました。この事実は同志社にとって大きな財産になりそうです。また、大学選手権を戦う上で、確かな武器を得たのではないかと思います。武器とは、使う人間が「これは使える」と思って初めて威力を発揮する道具です。おそらく同志社の選手たちは今回「使える」と確信したはずで、その確信こそがこの天理戦で得た最大の収穫ではないでしょうか。

今後は慶応戦、筑波戦、大東文化戦と続きます。天理戦のディフェンスの規律、それをこれらの相手にも保てれば、敵はメンタルのエネルギーを同志社のディフェンスに消費せざるを得ません。もちろん、相手は対策を準備してくるでしょう。でも、楽に勝てる相手がひとつもない以上、同志社は常に勝敗の分岐がディフェンスになります。全試合を通して、頑張って守り抜いてください。



DSN「大学ラグビー」ページ
DSN「試合情報」ページ

13日からはいよいよ大学選手権です。帝京の7連覇が盤石に見える中、筑波との敗戦がどう影響するのか。昨年復活した東海が今季はさらに総合力を上げ、東海大のライバルの通通経済大も以前とは異なり、ハイレベルにバランスの取れたチームになっています。また、久しぶりの明治の充実ぶりも気になるところです。

同志社は慶応、筑波、大東文化のプールCに入り、まずは秩父宮で慶応戦となりました。慶応とは9月5日に対戦しましたが、これはお互いの基本的なアタックのチェックが目的のような練習試合でしたので、この時の情報はまったく参考になりません。


慶応というのは不思議なチームですね。総合力が互角かやや上回る相手であれば、接戦に持ち込んできわどく勝ち抜くチームです。重要な一戦となると綿密にゲームをデザインし、極力そのデザイン通りにゲームが進むよう準備し、実際のところ、選手はゲームをそのデザインに合わせてみせます。同志社は伝統的に相手のペースに乗る傾向がありますが、力に差がある対戦は別にして、大一番で慶応が相手に合わせるのを見たことがありません。

一年弱の時間をかけて、自分のラグビースタイルに磨きをかけるのはどのチームも同じです。ところが、秋が深まるにつれて微妙に、関西と関東ではゲームの趣が異なってくるように感じます。磨いたラグビーをリーグ戦最終盤まで出し合う関西に対し、関東では磨いたラグビーを使ってどう勝つか、そのデザインを出し合うゲームが見られ始める印象があります。そして、その最たるチームのひとつが慶応ですね。

自分のラグビーへの思い入れが強いロマンチストに、勝利の目的達成にクールなリアリスト。少し妄想的にいえば、こんな両者の対比も可能かも知れません。しばしば関西上位は一発勝負で慶応に足元をすくわれてきました。その理由のひとつがこの辺りにありそうな気はしています。


慶応戦ではおそらく、同志社はボールを動かせると思います。問題はラインブレイクして、それをトライまで継続できるかどうか、させてもらえるかどうかですね。同志社と早稲田は同系のラグビーだと思っていますが、慶応は早稲田戦を経験しており、ボールを動かせたらトライを量産できるような相手ではありません。


ボールを速く動かして慶応のペナルティーを誘う。22mラインまで進めばFWのピック・アンド・ゴーや縦突破からのオフロード・パスなどの縦攻撃を見たいですね。慶応FWなら押し込めそうですし、天理ほど速く、しつこいディフェンスには見えないのですが、甘いでしょうか。また、ラン、パス、キック、同志社はBKのオプションが⑩渡辺君以外では非常に限られています。もっと挑戦的であって良いと思うのですが、でも、これは大学選手権までの短期間では精度の面で難しいかもしれませんね。


天理戦同様、やはりこのゲームも同志社のディフェンスが勝敗の分水嶺です。難しいのを承知で、できればトライは2つに抑えたいですね。慶応は相手22mライン近くに入ると、特にラインアウトで複雑なサインプレーのオプションを繰り出します。そこはしっかり抑えたいですが、たとえやられてもディフェンスの規律を愚直に守り、メンタル勝負に持ち込めば勝てると思います。逆にぐらつきを見せてしまえば、その瞬間の慶応は実力よりも大きく見せるのがうまいチームです。弱味を見せれば、かならずテンポアップしてくるでしょう。



天理は早稲田と戦います。早稲田は春の惨状から見事に這い上がってきました。10月の筑波戦で結構上がってきたと思ったものが、11月の慶応戦ではFWのスピードが見違えるようになり、12月の明治戦ではフィジカルに強さも見せるようになった上、戦い方が明確化され、それをブラッシュアップしてきました。

同志社同様、早稲田はディフェンスの目の粗いところに速くボールを動かします。同志社が比較的浅いラインでラック中心なのに対して、ラインの深さを変えながら立ってボールを継続するのが微妙な違いかも知れません。これだけだと天理であれば対応できると思うのですが、難しいのが早稲田のモールですね。早稲田のモールは強力な上に、リモール(モールの再構築)がことのほか秀逸です。天理に余裕で止める力があればいいのにな、と思っています。


早稲田は大学選手権で勝つことを目的に今年のチームにできることのベストをデザインし、実際に形にしてきました。改めて「早稲田」というものの底力と勝利への執念を見せられた気分です。残念ながら、13日は東京まで行けません。この日は花園でこの試合を見て、天理を応援したいと思っています。


Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/

同志社ラグビーファンページにもいらっしゃいまほ



Posted on 11:56 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。