FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2012

05/15

Tue.

2012練習試合JR西日本戦(5.12) 

■練習試合
5月12日(土)JR西日本戦
■鷹取グラウンド
■天候 晴れ
■風: 横風少し影響あり
■結果: 
前半A戦: D12-5JR
後半B戦: D0-15JR

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/


はじめてお邪魔したJR鷹取グラウンドは、天然芝の素晴らしいグラウンドでした。
東西に走る線路の山側(北側)に位置するグラウンドは南北に長く、クラブハウスとグラウンドの間には長いツツジの花壇の間仕切りがあり、赤紫色の花々が今を盛りと咲き乱れていました。写真や動画の撮影好きの方は、思わず食指が動いたのではないでしょうか。
桜を終えたこの時期のツツジは本当に奇麗ですね。幼い頃よく人目を盗んで摘んでは、ラッパのような花を吹かずに吸って、ほのかに甘い蜜を失敬したものです。ランドセルの重みとともに甦る、この時期の風物誌の記憶です。

午前から合同練習されていたようで、この試合の位置付けはその練習の総仕上げ的なものだったかも知れません。前半がA、後半がBという変則的なもので、JR西日本のメンバーも総入れ替えではありませんが、後半は随時、前半と異なるメンバーが入っておられたように思います。例によって練習試合、相手チームの背番号はポジションと無関係なので確かなところは分かりませんが。ところで、学生スタッフが頑張ってスコアをメモしておられますが、あれってホント、スコアラー泣かせでしょうね。ご苦労様です。

懐かしいところでは橋野哲平さん、張和裕さんがお相手くださいました。「懐かしい」といっても最近のことなんですが、社会人になられるとやはり「懐かしい」思いが溢れます。活き活きしておられる姿を拝見するのは、本当に嬉しいものです。

JR西日本のメンバーにはいわゆる「ガイジン」さんがおらないようで、どうでしょう、勝手な想像をお赦しいただくとして、関西大学Aリーグ上位レベルのような気がしました。ガタイ的にも、ブレイクダウン的にも、大学生同士の試合のような雰囲気がありました。

●前半A戦
先日の慶応戦の観戦が叶わなかったので、今年初めて拝見するAメンバーでした。
「最初行けてるときは良いが、相手が対応し始めるとそのうちジワ~と行けなくなって、そこで立て直せずに最後はやられた」
ある慶応戦の観戦者によればそんな展開だったそうですが、この日のAも、40分間という短い時間にも関わらず、やはり同じような展開を見せてくれたと思います。

DSNチャンネルで確かめるとこの試合、開始直後のノーホイッスル・トライにしても、7分のトライにしても、行けてる時の同志社のワクワク度、攻撃面での潜在能力の高さを示してくれています。慶応戦前半のトライ数、公式記録では2本になってますが、トライ同等の攻撃が少なくともあと2本はあったようですし。

この日、慶応戦とは異なり、10番に渡邉夏燦君の抜擢がありました。
2本のトライ両方ともに彼のランプレーが絡んでいます。状況判断に優れているというか、走るコースがよく見えているというか、本当に楽しみな1回生ですね。正月に高校ラグビーを観戦に行き、早稲田に進学した東福岡の15番藤田君のプレーを見ながら、「こいつが同志社で15番にいたら、同志社のラグビーもこの選手も、ともに可能性を拡げられるのに・・・」と思ったものですが、タイプは異なるものの渡邉君にもポテンシャルを感じます。ホント、宮本監督のもとで、スケールの大きな楽しい選手に育ってください。

慶応戦に続いてのAの13番、林真太郎君もすごいですね。
「同志社でいきなり13番スタメンかよ」ですものね。やはりランプレーで露骨にトライに絡んでいました。
彼も本当に楽しみな1回生です。

なんて言ってますが、でも他の学生の皆さんは、もちろん彼らに勝ってくださいね。
「特にどの選手に期待する」なんてDSNにはありません。同志社大学ラグビー部を舞台にした、すべての学生個々の主役ドラマがあるはずで、ドラマの中でゲームに上がってきた選手には拍手を送り、AでもBでもCでも、競技場でともにラグビーを楽しみ、ともに戦闘モードに入るだけです。

Aの皆さんはこれから、明治戦、早稲田戦と続きます。
この試合では、グラウンドを広く使ったJR西日本の楽しい攻撃をジワ~と受け始め、1歩2歩食い込まれるうちに、ぎりぎりのディフェンスへとはまり込みました。それでも頑張って止め続けていたとは思いますが、より強い相手、より速い相手だと、もしかしたら難しかったかも知れません。ジワ~と受け始める時間帯、それをリセットして立て直す、15人全員のキャプテンシーを宜しくお願いします。


●後半B戦
2番、秋山君が早々に退く(脳震盪のようでご本人は行く気満々でしたが、無理させないトレーナー陣のファインプレーだと思います)ハプニングがありましたが、お気に入りのBディフェンスはこの日も健在でした。
35分以降、それまで見られなかったのに立て続け2本、簡単に相手選手のロングゲインを許したのは残念でしたが、それまで何度も延々自陣ゴールラインを背負いながら、18分のトライ1本に抑えたのは立派だったと思います。
もちろんこの試合、攻撃力に難があったのは否定できないことですが、それが相手との力関係でやむを得ない現実なのか、それとも同志社がやりたいラグビーへの理解を深めることで改善可能なことなのか、しっかり考えて次また頑張ってください。

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/
スポンサーサイト

Posted on 11:20 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

2012

05/09

Wed.

2012練習試合大阪体育大学B・C戦(5.4) 

■練習試合
5月4日(土)大阪体育大学B、C戦
■田辺グラウンド
■天候 曇(少雨あがり)
■風: 影響あり
C戦は前半風上、B戦は前半風下
■結果: 
第1試合C戦: D33-47T(前半:D19-7T/後半:D14-40T)
第2試合B戦: D29-12T(前半:D5-12T/後半:D22-0T)

●第1試合C戦
まず報告すべきはこのゲーム、風の影響を強く受ける日にありがちな「前後半でガラッと印象の変わるゲームだった」ということです。ただ、この「前後半でガラッと変わった試合」の様子を演出したのが風だけかというと、それだけではありませんでした。もしも「風だけ」ということであれば、後半の40失点(6トライ)の説明はつきません。

風上の前半は同志社がゲームコントロールに成功、ほとんどの時間帯を大体大陣内で過ごしましたが、風下の後半は打って変わってほとんどの時間帯を自陣で過ごしました。これは風の影響が強い日によく目にする試合展開ですね。ただでさえラグビーが「ボールを後ろにパスしながら前へ進め」という理不尽なルールが大前提のゲームなのに、強風時の試合では、風下のチームにはさらに大きなハンディが課せられるということでしょう。
世の中、何事によらずハンディが多ければ多いほど突破に知恵を絞らなければならないものでして、やる方はたまりませんが、お気楽にゲームを観れる側からすれば「どう工夫して突破するか」への興味、面白さが加わるとも、強風の日のラグビーには言えそうです。

前半の同志社は、大きく見える大体大の選手に対して機動力で上回っていたのが素敵でした。大体大はマイボールを自陣から展開、なんとかボールを動かして敵陣に入ろうとしますが、同志社はその攻撃のひとつひとつにディフェンスが対応、結局大体大はノータッチを蹴るしかありません。でも、ここが風下のハンディですね。同志社陣深くまで飛ばないボールをキャッチした同志社BKがカウンター、その展開で再び敵陣へ入るの繰り返しでした。
その過程で嬉しかったことをひとつ。
大体大のタッチキックが浅くなれば当然、同志社BKレシーバーへの大体大ディフェンスが間に合いますが、その同志社BK陣のボールキープ力、立って我慢する意識の高さを見せてもらえました。

風下の後半はまったく立場逆転したのはご案内のとおりですが、残念ながら前半の大体大以上に悪い立場に追いやられました。大体大の背番号がポジションと無関係だったのでよく分かりませんでしたが、見た目、体格差が明らかになったように思いました。前半通用したタックルが通用しない場面が増え、倒せないことから来る余裕のつなぎやオフロードパスでラインを破られました。その結果の40失点です。明らかにFWのブレイクダウン、スクラムが劣勢で、チームとしてゲームを立て直すことができませんでした。

でも、どうでしょう。見た目体格差や能力差からして、6トライをノートライにすることはすぐには無理かも知れません。でも6トライを3トライにすることは、チームの意識を上げれば出来ると思います。試合中、監督・コーチのアドバイスがあり、おそらく試合後もアドバイスがあったことでしょう。この日のCメンバーはしっかり考えて、日々の工夫から宜しくお願いします。6トライを3トライ以下にする意識付けができれば、もっともっとゲームを、そしてラグビーを楽しめる幅が皆さんの中に生まれるはずですもの。

九学の野口君はじめこの日のCメンバーの皆さん、もっともっとラグビーを楽しめるようになられることを心から期待しながら見守ってま~す♪
試合から学んで、試合を活かして、ネクストゲームを楽しんでください。

ベールをちょっぴり脱いだ渡邉夏燦君。
パスのスピードと正確性、素敵。
相手ライン裏へのショートキックのコントロールにワクワク感、素敵。
でかい相手に空中戦で飛ばされても即ライン復帰するハートも素敵。
周囲に指示を出すアグレッシブ性、素敵。
後半の15番位置からの隠れ司令塔、これからこれから。
頑張ってスケールの大きな選手に育ってください。


●第2試合B戦
このチームは本当に素晴らしいチームでした。スコアした後の相手リスタートキックの処理がいただけない以外は、すべてにおいてチームとしての一体感、安定感を見せてくれたと思います。

目の錯覚かも知れませんが、大体大はBの選手も大きく見えました。その大きな相手の攻撃に対して忠実に、そして確実にスペースを埋め続け、かならず湧いて来るタックルで攻撃権を奪い続けました。
風下の前半を終了間際までD5-5T(トライ数1-1)で粘ったのは立派で、38分に取られたトライも同志社ゴール前、大体大ラインアウト→モールからの攻めをFWの集中力あるラックのオーバーでターンオーバー、逃げようとしたタッチキックが風下でタッチを切れず大体大再度のゴール前ラッシュ、そこを粘って粘ってやむなく取られたものでした。また、42分の前半終了まで再びゴールを背負いますが、2度ターンオーバーするなど大体大の攻撃をしつこく止め続てスコアさせませんでした。

試合全体を通して「ディフェンスの同志社、オフェンスの大体大」の印象がありましたが、それは同志社が常にディフェンスを強いられていたということではなく、忠実、正確なディフェンスで奪取した攻撃権を起点に同志社が、FWのタテ、BKの展開・細かいパス・裏キック、BKの立ってつなぐ粘りなど、多彩なカウンター攻撃を見せてくれてこその受けた印象だと思います。

後半は結局4トライを奪いましたが、プラスその時々のフェレリーの判断によってはトライになりそうなインゴールノッコンもありました。スコアに反映されませんが、ボールを追ったBK選手、カッコ好いプレーだったと思います。

試合後DSNの仲間のところに戻った時の自分の第一声は「このチーム、素晴らしいですね!」でした。美味しい料理をいただいた歓び、感動に似た感覚がありますので調子に乗って、手元にいただいたスコアシートのメンバーを列記しちゃいます。

三宅、秋山、西池、廣佐古、森山、圓井、横幕、田淵、清鶴、加藤、吉田、木村、徳平、藤巻、前田、大鷲、土井、八木、清水、中山、田中(大)、植木

もちろんラグビーですから、相手がこの日の大体大Bより強力ならこのゲームは無かったかも知れません。でもこれら選抜された22人が、春の段階にも関わらずチームとしての高い完成度を見せてくれたということは、この22人全員が同志社の目指すラグビーをよく理解していて、たまたま呼ばれたチームで即自分の役割をまっとうできるような準備が出来ていることの証かと思います。

これはなかなか見れないファインプレーであって、心からこの日の22人に拍手を送ります。

ところで、家にあるコンパクトデジカメで試合の様子を撮ろうとチャレンジ。遠く離れたポイントからの撮影だったこともあって、あまりにも寂しい撮れ方。選手が豆過ぎて、なんや分からん。超高いものは論外やけど、入門編一眼レフに挑戦するべか。

Posted on 11:37 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。