FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

09/30

Fri.

関西ジュニアリーグ立命館大学戦、コルツ練習試合(9.24) 

■関西ジュニアリーグ立命館大学戦、コルツ練習試合
■2011年9月24日(土)
■田辺グラウンド
■天候 晴れ
■風: 少し影響あり
■結果: D26-33R(ジュニア戦)、 D36-33R(コルツ練習試合)

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/


遅くなってゴメン!②

お仲間にJR石山駅からクルマに同乗させていただいて、はじめてBKCにお邪魔した。
試合開始の30分ほど前の到着だったかな。グラウンドサイドに観客がまばらなので「さすがにここまで来るのは大変やもんな」と思ったら、「上で観よう」というお仲間の声。上?、上ってどこよ・・・。


「上」はちゃんとありました。グラウンドを臨む10mばかりの崖の上まで、山で言えばケモノ道のような小径を登ると、なんとそこにはすでに田辺で見慣れた皆様のお顔、お顔。
ハア~、同志社ファンはすごい。

お仲間が用意してくださった折りたたみ椅子に腰掛けてグラウンドを一望。崖がグラウンドのサイドラインに平行なので、まるで競技場のロイヤルシートに腰掛けてるような感じ。ロイヤルシートに腰掛けたことないけどね。それに、丘を駆け上がってくる秋風の心地良いこと。
皆さん、BKCの「上」にお邪魔するときは、折りたたみ椅子をお忘れなく。それと、小さいけど数で勝負してくる「ひっつき虫」にもご注意ね。昔よく見たイガイガのかわいいひっつき虫じゃなくて、繁殖能力ムキ出しのちょっぴり不愉快なやつです。


今年の立命は興味深い。
この日のコルツとジュニア、その後録画で翌日のAリーグ関学戦を拝見したけれど、どのカテゴリーもみんなスタイルが同じ。ということは、部全体でやることが決まっていて、そのパフォーマンスと精度の高い順にA→ジュニア→コルツと分かれている感じ。春シーズンに同慶定期戦の慶應を見たけど、録画で見た対関学戦の立命館のラグビーは、「おまいらね、慶應か?」と思わせるようなスタイルだった。慶應の方が、使うラインの幅がもう少し広そうだけど。


■立命館大ジュニア戦
やるべきスタイルがあって、それを迷いなくやって来るので、立命の攻撃は迫力がある。
前半同志社は先行したものの、3連続トライを喰らってD5-21Rで折り返した。
前半27分ごろ、最初のトライを取られたときのメモ。
「R、個人能力高。12番、8番、4番、2番。形と個人圧力でDのディフェンス前に出れず」

立命のラックの入りや、ラックのオーバーは素晴らしい。そこから素早く展開、CTB辺りまで展開しては相手に内と外を意識させてさらにラックを継続、最後は内にFWのスピードとパワーを備えた選手、内外にCTBでゴールラインを割る、それが彼らの原則スタイルだと思う。
前半、迷いのないスピードとパワーが生み出す立命のテンポに同志社が受けてしまったのか、ディフェンスが前に出れず、取られた3つのトライはやられるべくしてやられた感じだった。

後半12分頃でD12-33R。
ここ数年の「悪い流れに呑まれて、流されてしまう」同志社の精神力レベル。
正直なところこの時点、観戦者として「う~ん」と思ってしまうオイラが鎌首をもたげた。ところが、である。今年の同志社はやはり違うようだ。ここからの約15分間が一進一退の「分水嶺」だった。
ほんの少し立命のパフフォーマンスが落ち始めたので、立命からすれば圧倒すべきところを圧倒できず、同志社からすればトライに至らせない程度に相手の圧力を止め始める。
後半25分すぎ、FWがゴール前を攻めてD19-33R。
さらに立命の圧力が弱まり、同志社のディフェンスがほんの少し前に出るようになり、スクラムでも優勢を見せ始めた後半35分すぎにはD26-33R。
その後、ロスタイムでも相手を運動量で上回り、同点への確信的な期待が高まったが、立命ジュニアもさすがで、そこは逃げ切った。立命ジュニア、勝利おめでとう。

立命の勝因は、前半からず~と「やるべきスタイル」を貫いたこと。そして、同志社の追い上げを許した原因は、パフォーマンスを最後まで維持できなかったことだ。
同志社の敗因は、前半立命の攻撃をディフェンスが受けてしまい、そこを修正する「何か」を持たなかったこと。追い上げられた原因は、だれが目立つわけでもなく、TRUSTディフェンスをチームとしてやり続ける「TRUST」がチームにあったこと、そしてそれが相手のディフェンスを上回るとき、トライする攻撃力も必然的に蘇ったことだ。

後半10分すぎまで、立命のレベル9の攻撃力が同志社のレベル8のディフェンスを上回り、そこから15分間、立命レベル8の攻撃力と同志社レベル8のディフェンス力が拮抗、んで、試合終了まではレベル7.5に落ちた立命パフォーマンスをレベル8の同志社パフォーマンスが上回った。こんな感じの試合かな。

同志社として賞賛すべきは、試合を通してパフォーマンスが落ちないことにあると思う。
ただ、後半の立命の反則数は14。これで同点・逆転に至らなかったのは少し残念かも。「個人能力が上の選手が相手に多い」と言ってしまえばそうかも知れないが、でもそれって今日のジュニアの諸君には受け容れられないはず。


■立命館大コルツ練習試合
この試合もジュニア戦と同じような経過をたどる。
立命コルツの同じようなスタイルの攻撃に、前半17分ごろまでにアレヨアレヨの3連続トライでD0-21R。その後、同志社が2本、立命が1本取り合って、前半はD14-R28で折り返し。13番徳平駿君(徳ちゃん)のオフロード、8番圓井仁志君のパフォーマンスがグッド、グッド。

後半は20分内でお互いに1本ずつ取り合って、D19-33R。
後半開始早々、幸先良く同志社が先にとったあとのリスタートキック。この試合、同志社はリスタートのミスからの失点が多かったが、それがここで出て即立命に離される。

後半20分、やはり立命のパフォーマンスが少し落ち始め、彼らの攻撃を前で止められるようになって来る。で、そこからは3連続トライで逆転だ。後半25分ごろからは、TRUSTディフェンスに「相手の攻撃を止められる自信」めいたものが見え始めたように思った。
同志社コルツ、勝利おめでとう。

この試合。
立命がやってくることは相対的にジュニアと同じ、対する同志社のTRUSTも同じ。
大きく違ったことはひとつ。それは立命コルツのパフォーマンスが後半20分、立命ジュニアよりも早く、そしてその先、目に見えて落ちたこと。対する同志社のパフォーマンスは、ジュニア同様最後まで落ちることがなかった。

大学ラグビーが各大学チームの総力戦だと考えるなら、今季の立命や同志社のようにA→ジュニア→コルツと、それぞれのカテゴリーにパフォーマンスの違いが当然あるにしてもそこに同じ理念やスタイルが1本通っている姿を見ると、関西の「強化」という意味合いにおいても嬉しい気がしますね。

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/

スポンサーサイト

Posted on 14:54 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

2011

09/21

Wed.

関西ジュニアリーグ大阪産業大戦、コルツ練習試合(9.17) 

遅くなってゴメン!

■関西ジュニアリーグ大阪産業大学戦、コルツ練習試合
■2011年9月17日(土)
■田辺グラウンド
■天候 雨
■風: 影響なし
■結果: D71-5S(ジュニア戦)、 D46-7S(コルツ練習試合)

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/


温故知新チームが掘り起こしている歴史によると、関西ジュニアリーグはまず1979年、関西協会の中に「大学委員会(岡仁詩委員長)」が設置され、そこでの議論を踏まえて1980年辺りから実施されたようだ。試合機会の少ない、いわゆる「二本目」「Bチーム」の選手たちに公式戦の経験を積ませることで彼らを強化し、それをいわゆる「一本目」「Aチーム」の強化、さらに関西リーグ全体の強化、活性化へと発展させるのが目的だったという。

それから30年あまり、今なお継続してその目的意識は守られ、受け継がれているのだろうか。初期の新鮮なモチベーションは維持されているのだろうか。

ふとそう思って、関西協会のHPを確かめてみた。するとどうだろう。昨年までなかったはずのジュニアリーグの日程や試合結果が今年は掲載されている。この大阪産業大戦があった時点では未掲載だったが、その後、関西協会で準備してくださったようだ。

恥ずかしながら、そこではじめて知った事実。
今季のジュニアリーグはAリーグ参加8校に、昨季Bリーグ上位3校の大阪産大、関西大、龍谷大の3校を加え、計11校を「ODD」と「EVEN」の2リーグに分けて総当たり戦を行ったのち、両リーグ間で順位決定戦が行われる。取り敢えず今季だけのトライアルではあるようだが、失礼ながらここしばらく関西協会の大学関係の動きが鈍いように感じていたオイラとしては、とても前向きに評価したい試みだ。さっそく関西協会にお願いしたところ、DSNサイトからのリンクに対して快諾をいただいた。改めて、ご担当者の奥野様にはお礼申し上げます。
 
7’sラグビーの面白さのひとつ、それは参加チームが力量によってカップ、プレート、ボウルの3つのカテゴリーに分かれて戦い、それぞれのカテゴリーの優勝チームが讃えられるところにある。本来、ラグビーにはカテゴリーというものがあるはずであって、たとえばトライネーションズと日本トップリーグを「強さ」の面で同列に語ることはできない。ところがラグビーの場合、同じカテゴリー内であれば同程度の能力の者同士が時として「死闘」を繰り広げ、その姿が観る者の胸を熱くさせる。

面白いもので、トライネーションズあっても、またトップリーグであっても、そんな試合がもたらす感動の種類におそらく大きな差はない。それがどんなカテゴリーの試合であっても、そんな試合を提供した選手たちは、等しく観る者の尊敬を受ける。そこがラグビーというスポーツの持つ、不思議な、そしてとても大きな魅力のひとつなのだ。
 
ジュニアリーグをB(2軍)の試合と軽んずるなかれ。
参加する学生は母校にかならず優勝を持ち帰るつもりで闘い、観る者は優勝者を大きく称えるべきだ。
ところで、優勝チームには盾か何か授与されるのかな。よく覚えてないが、単に表彰状だけだったかな。もしそうだったら、カップまでは行かなくても、プレートくらいはあげてほしいね。どうなんだろう。
でも、こんなことも知らないなんて、ジュニアリーグを観る者として失格ですね。反省、反省。


■大阪産業大ジュニア戦。
この試合を通して目立ったのが、ディフェンスのうまさだ。タックル成立後のFWには、ラックをオーバーできるほどの力差はなかったが、ディフェンスラインの安定感は相手を上回っていて、破られて裏に出られることは試合序盤以外ほとんどなかったと思う。

接点での圧力でターンオーバーするのではなく、(もちろん、それができればベターだろうが)ディフェンスシステムで相手の攻撃を包みこみ、殺していた。接点で圧倒してボールを奪い、ディフェンスで相手の攻撃を粉砕するかのような格闘技ゲーム、そんな嗜虐的な満足感には薄いが、オイラとしてはTRUSTディフェンスが浸透成長していることが覗える、このチームのディフェンス力がむしろ嬉しかった。
だって、パワーなんて上には上があるもので、上の相手と当たって途端にシュン、下の相手にゃ滅法強いが、上の相手にはからっきし駄目なラグビーなんてつまらない。そこそこ上の相手でも、頑張りゃ機能するディフェンスシステムを備えるラグビーが、頭脳的で面白いはずに違いない。
 
前半、10番加藤良平君の前のスペースを見る判断力、積極性が光り、同時にBKの連係、フォローの意識が非常に高く、もちろんFWの走力と絡んで、雨の中にも関わらず魅力的なトライを安定して取ってくれた。とりわけ23分ごろの、自陣10mスクラムから9番橋野哲平君が我慢して縦に出て、7番清水巴君が巧みなボディコントロールとBK並のスピードでロングゲイン、左隅ラックからBKの展開で縦を抜いたトライは、このチームの能力の高さを示したトライだと思う。
 
後半(10分ころ)はSOが早川陽介君にチェンジ。
先日ある打ち合わせの際に、副務である彼をはじめて間近に拝見した。本当に真面目そうな好青年だった。
その記憶もあって「おっしゃあ!頑張ってや」と思ったのに、残念ながらちょうどそのころから雨脚が強くなっちゃって・・・・・。
攻めてもなかなか相手の人数が減らず、そこを相手との個人の能力差やBK全体の能力差でトライを重ねた感じだったので、その原因が強い雨なのか、フィットネスのパフォーマンス低下の問題なのか、それとも早川君のプレースタイルなのか、その辺りを次回の楽しみにさせていただきます。
ハンドリングのミスが多発し、2度かな(?)決定的なトライチャンスをノッコンで逃したのに、それでも前半よりもトライ数が多かったです。それに28分ごろのこと、相手8番(?)のサイド攻撃に対して、彼、早川君がTRUSTタックルを決めてくれました。

■大阪産業大コルツ練習試合
これも雨の悪コンディションのゲーム。
ジュニアチームと同様、ディフェンスのシステムがきっちり機能していたとうに思う。ただ、攻撃時、浅いラインで抜こうとするので、インターセプトされそうなヤバイ瞬間が2度ばかしあったかな。でも、相手ノッコンなどで大事には至らず。
前半30分を過ぎた頃かな、同志社が相手ゴール寸前までランとパスで殺到する素晴らしいプレー。ボールキャリアーの前が一瞬広めに開いたので「突け!」と思ったら右にパス、すると相手ラインに捕まってラックになってしまい、何やかやから相手の選手にハンドリングミスのこぼれ球をキックされ逆襲、トライされる場面があった。

あれって「策士、策に溺れる」というやつなのかな。大阪産大の選手からすれば「窮鼠、猫を噛む」という感じが正にぴったり。本当にラグビーは興味深いな。

この試合で、はじめて2番安井貴大君のプレーを拝見しました。
特に後半、随所に集中力あるタックルやランを披露してくれましたね。

Dサポートネットワークにいらっしゃいませ
http://d-support-network.net/

Posted on 13:57 [edit]

category: 観戦レポート

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。